冬の風物詩のコタツ事情とニュータイプのコタツ

寒くなると、家電製品のコーナーに顔を出し始めるコタツは冬の風物詩であるらしい。日本人が考え出したのだろうが、布団の上にテーブルを置く、或いは、テーブルに布団をかぶせる、いかにも日本人ぽいアイテムである。コタツの中に下半身を入れておけば、ある程度寒さはしのげるし、頭寒足熱の考え方にも適っている。コタツがあれば、家族も何となく、集まりやすく、ほっこりと和やかな空気が流れる。険悪なもの同士は、例え下半身だけとはいえ、空間の共有など考えないだろう。

だが、コタツがある為にそこから出てしまうことの踏ん切りがつかず、挙句にはコタツ周りに必需品を全て用意し、動かなくなってしまう恐れもある。或いはこたつ布団が溜め込む埃。布団類は埃とダニが集まりやすいのである。最近はダニの発生を防ぐ抗ダニ仕様もあったりするらしい。またおしゃれなタイプも増え、スタイリッシュに頑張っているデザインも増えてきた。それでもコタツ布団がある限り、コタツはコタツである。中に入ったら、出るのがつらくなり、そのまま眠って脱水症状を起こし、お肌がかさかさになってしまい後悔するのがコタツである。

最近、ニュータイプのコタツが出ていた。ダイニングテーブル仕様のコタツテーブルである。普通に椅子に座るテーブルである。そして、コタツ布団がない。テーブル板の裏側にヒーターが取り付けてあって、膝から下がじんわりと暖かく過ごせるというものである。コタツ布団という外気をシャットダウンする防御がないこれは、果たしてコタツといえるのだろうか。実際に使用してみたがコタツとは別物と考えたほうが良いようである。床置きにする暖房機の置き場所をテーブルの下に移動させたと考えたほうが良いかもしれない。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans