意外と新しい、おせち料理の歴史

おせち料理といえば、お正月にいただく伝統的なお料理ですよね。
お母さんやおばあちゃんが、お正月に備えて年末から準備しているのを、わくわくしながら眺めていたという経験のある方も多いのではないでしょうか。
立派な重箱に詰められた豪華なおせちは、お正月の顔でもありますよね。
しかし、おせち料理は元々、お正月ならではのお料理ではありませんでした。
伝統的な年中行事を祝う節目の日、いわゆる「節句」や「節日」に作られるお料理だったのです。



では、いつからおせち料理はお正月の代表的なお料理となったのでしょうか。
「おせち」の語源をたどってみると、「中国から伝わった「五節供」という行事を、奈良時代の朝廷が「節会(せちえ)」として行った」ことからきているようです。
この五節供は江戸時代ごろまで行われ、明治には廃止されましたが、庶民の間ではめでたい日に縁起の良い食材で料理を作って、新年のあいさつに訪れたお客さんに振る舞ったり、家族で食べたりしていました。



しかしそれもいつしか飾るだけのものとなっていきました。
しかも、それが今のおせち料理に繋がっているわけではありません。
おせち料理は戦後、デパートが「重箱に入ったお正月料理」を売りだす際に、「おせち」という言葉を使ったために広がっていったのです。
意外と歴史は浅いのですね。
デパートがなぜ「おせち」というフレーズを使ったのかは良く分かっていません。
奈良時代の「節会」が朝廷で行われたものであることから、高級感を出したかったのかもしれませんね。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans